韓国ドラマ ニューハート


全23話

三流大学出身の新人医師が名門医科大の胸部外科で苦悩する
2007年  平均視聴率: 25.2%

ホーム

ニューハートDVD-BOXI ニューハート オリジナル・サウンドトラック(DVD付) 「ニューハート」公式ガイドブック ニューハート New Heart (MV/VCD付)(初回限定版)
ニューハートのDVD・ガイドブック・OSTです。


ニューハート キャスト


ニューハート あらすじ

第01話 天才胸部外科医
天才胸部外科医のチェ・ガングクは、第二クァンヒ大病院に飛ばされ、釣りばかりしていた。
新たにクァンヒ大学病院の院長になったパク・ジェヒョンは、チェ・ガングクに胸部外科長に向かい入れると誘う。
三流大学出身のウンソンと成績トップのヘソクは、クァンヒ大病院の胸部外科レジデントに応募する。

第02話 医師の資質
病院は人手不足にもかかわらず、チェ・ガングク胸部外科長はレジデントの面接を受けたウンソンとヘソクを落とす。怒ったレジデントたちはストライキを始める。ウンソンとヘソクも病院前で抗議運動をする。

第03話 トップと三流
ヘソクは、アメリカの一流病院への研修か胸部外科か選べと迫られたが、胸部外科を選ぶ。ウンソン、ヘソクはレジデントとして採用される。ウンソンは、キム・テジュン教授の診断を無視し、CTを撮り怒られる。

第04話 指名手術
ウンソンは再びキム・テジュン教授の診断を無視しCTを撮るが、ウンソンの方が正しいと分かる。
ヘソクの初恋の相手である人気スターのドングォンが運ばれてきる。ドングォンは、ヘソクが恋人だという。

第05話 罠
ヘソクはドングォンにキスされ動揺する。ヘソクとウンソンの歓迎会が開かれ、その会場にドングォンとモデルのハン・スジンいた。ハン・スジンは突然倒れてしまう。

第06話 命の重み
ハン・スジンは病院を抜け出すが、また倒れ病院に戻る。モデルなので傷が残るのが不安で手術を受けようとしない。傷が大きく残らないダヴィンチ術を提案するが、騒動になりレジデントたちににらまれる。

第07話 本物の医師
ガングクはVIP患者を後回しにし、別の患者の手術を優先させる。VIP患者は怒り、内科診療に切り替える。しかし診療はうまくいかず、ガングクは内科に行き緊急手術を行う。患者を奪われた内科長のジョンギルの怒り、院長に賞罰委員会にかけてほしいと申し出る。

第08話 医は仁術
ヘソクは、患者の付添で救急車で遠い所へ向かう。一人で帰ろうとして財布を忘れたことに気づく。財布を忘れたのに気づいたウンソンは届けにいく。ヘソクはウンソンに少しずつ気持ちを寄せていく。
病院の清掃担当者が倒れたが手術が難しいとみはなされる。

第09話 感染の危機
ガングクは見捨てられた患者の手術を成功させる。しかし、手術に反対していた院長は怒りをあらわにする。
ヘソクとスンジェは、HIV患者の血を手術中に浴びる。

第10話 反目
ウンソンはヘソクとキスしているところを、スターのドングォンに見られてしまう。ウンソンは、ドングォンに誤解だと説明する。
ガングクの手術で命をとりとめた患者の息子は、人体実験だと示談金を請求する。

第11話 ライブオペ
医療ミスとして、ガングクはお金目的の患者の息子に訴えられる。いそがしいガングクは警察に出頭しない。
ヘソクとスンジェは血液検査でHIVウィルスに感染していないことが分かった。

第12話 副教授の地位
ヨンギュはライブオペ中にパニックを起こし、患者を死なせてしまう。院長は怒り、ヨンギュに病院をやめるよう言い渡す。
ヘソクはインターンのミミがウンソンに近づくのを見て嫉妬する。

第13話 自暴自棄
院長は、資金援助を受けたテジュンの昇進をガングクに提案するが、ガングクは院長にハ・テジン医師を呼びたいという。これを、院長は、クァンヒ大学出身ではないと断る。
知り合いのおばさんを死なせたガングクは、ショックで酒浸りになる。
ミミの失敗で、キムテジュン教授に誤解され怒鳴られたウンソンは病院を飛び出す。
ガングク教授の妻は愛想を付かし、子供を連れ米国へ旅立つ

第14話 権力と反権力
ガングクは、副教授を一般公募にするよう院長に提案する。
ゴルフ場で働いていたウンソンは、倒れたイギリス前首相に付き添いクァンヒ病院へ行く。

第15話 底力
ヘソクはウンソンを病院へ連れ戻す。
イギリス前首相は、天才胸部外科医であるガングクが現れず、イギリスへ帰ろうとするが、途中で倒れクァンヒ病院に戻る。代わりにヨンギュが手術するが、手が震えだしてしまう。

第16話 腐った水
ガングクの頼みで、テジン博士が手術をおこなう。手術は見事成功する、しかしクァンヒ大学出身でないので問題になる。
院長はガングクに、危ない手術はしないなどと書かれた念書を渡す。

第17話 過去との再会
ウンソンと同じ施設で育ったスリョンが病院に運ばれてくる。スリョンは、肝臓の末期ガンであったが妊娠していた。
ガングクは成長したテジュンを副教授に推薦する。

第18話 小さな命のために
ガングクは緊急手術を二つ同時に行うが、うまくいかない。どうしようもなくなくなったウンソンとヘソクは2人で初手術を行い成功させる。

第19話 心肺蘇生の波紋
レジデントの自殺未遂事件と看護師の医療行為で賞罰委員会が開かれる。看護師とヘソクは罰を受け、ガングクは辞表を提出する。

第20話 それぞれの決意
ガングクと看護師が病院をやめることを知ったレジデントは辞表を出す。
ウンソンは、暴れる患者からヘソクを助けようとして右手首を骨折する。

第21話 去り行く神の手
ガングクは院長にレジデントの辞表撤回の代わりに、自ら辞めるのだと発表することになる。
ウンソンは、リハビリに専念するが直らないと手術医にはなれないとスンジェが言っているのを聞く。

第22話 心臓移植
院長が倒れ、手術を行うが良くならない。移植手術が必要になるが、病院には移植手術のできる医師がいない。レジデントはアメリカに行くガングクに頼むが断られる。

第23話 宿命
ウンソンは右手の感覚が突然戻り手術を成功させる。
1年後、ウンソンとヘソクは胸部外科に入った新しいレジデントに教育する。



Copyright (C) kankoku_dorama All rights reserved.